起業に向いている人・向いていない人

本当に起業するのか考えよう

何でも計画を決めてから行動する

起業する際は、きちんと計画を立てることが重要です。
無計画のまま進めていても、途中でトラブルが起こって失敗してしまいます。
ですから計画的に行動できる人が、起業に向いていると言われます。
資金を金融機関から借りる人が多いでしょうが、返済の計画も考えないといけません。
返済が滞ると、利子がどんどん増えるので返済するのが大変になります。
計画を考えるのが苦手な人は、起業に向いていないのでよく考えてください。

前向きな人も、起業に向いています。
計画を進めていると、失敗することもあります。
しかし前向きな人であれば、問題点を修正してすぐに立て直すことができます。
ずっと失敗を引きずってしまう人であれば、軌道修正ができないので状態悪いままです。
そのまま会社を経営しても、利益を得ることはできないでしょう。
明るい気持ちを持って、起業に取り組むことを意識すれば大丈夫だと思います。

みんなと仲良くする、コミュニケーション能力も重要視されています。
自分1人で、起業するわけではありません。
他社員と協力したり、起業アドバイザーを利用する人もいるでしょう。
自分勝手に決めないで、周囲の人からも意見を聞いてください。
自分が作った会社だからと、勝手に計画を進めていると次第に周囲の人が減ってしまいます。
いずれ1人になるので、経営を続けるのが難しくなります。
周囲と仲良くして、意見に耳を傾ける人であれば経営を順調に進めることができるでしょう。